レギュラーから外されて落ち込んでいる子どもにかける言葉

※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

部活のコラム

こんにちは、ぴよきちです!

「子どもが部活のレギュラーを外された」

とても残念なことですが、スポーツしている以上このようなことは付き物です。

レギュラーから外されて落ち込んで帰って来た我が子に対して、何て言葉をかけたらいいんだろう?と悩みますよね。

レギュラーから外されたときに親から言って欲しい言葉はあるのか?
小学生の頃からずっと運動部に所属している娘と息子から教えてもらったのでまとめます。

ぴよきち
ぴよきち

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

レギュラーから外された子どもにかける言葉

 

お子さんが「レギュラーから外された」と言って落ち込んで帰ってきたら、何て言葉をかけるべきか迷いますよね。

こればっかりは正解が分からなかったので、大学生(体育会運動部所属)の娘に「何て声をかけてもらいたかった?」とストレートに聞いたところ、しばらく悩んでいましたが、

何の言葉もいらない、そっとしておいて欲しい」と言われました。

高校生の息子にも聞いてみたところ、やはりうーんと悩んで
落ち込んでいるときは声をかけられたくないなぁ」とのことでした。

むすこ
むすこ

普段通りに接してくれればいいよ。

むすめ
むすめ

聞いて欲しいことがあったら自分から話しかけるから、それまではそっとしておいて欲しいな。

ぴよきち
ぴよきち

話しかけてくるまでは、いつも通りに接するのがベストなんだね。

息子が中学生の頃の話です。
レギュラーになれなくて落ち込んでいた息子に、同じスポーツをやっていた娘が「広場に行って一緒に練習しよう」と伝えたところ、すごく嬉しそうな顔をして出かけて行きました。
お子さんの練習に付き合ってあげるのも「励ます方法」のひとつかもしれません。

絶対に言われたくない言葉

お子さんが話しかけて来たら、アドバイスする必要はありません。

「レギュラーから外されて悔しい」と言ったら「そうだね、悔しいね」とただ共感して欲しいと娘から言われました。

  • ○○してみたら?
  • ○○するといいよ!
  • ○○なんじゃない?

お子さんが落ち込んでいるときに、このような言葉をかけはNGです。
ご注意ください。

顧問の先生に意見すること

子どもがレギュラーから外されると、意見を言いに行く保護者もいます。

お子さんのことを考えたら、これは絶対にやったらいけない行動です。

ぴよきち
ぴよきち

意見を言ってレギュラーになれる訳ではありませんから…。

ぴよきちの娘と息子も、顧問の先生などから理不尽な扱いを受けたことはありました。

息子は大袈裟に文句を言うタイプだったので、本当かな?と気になって試合を見に行ったところ、息子がレギュラーになれない原因がはっきりと分かりました。

(息子の場合、レギュラーになれないのは単純に実力不足でした)

お子さんから言われて気になることがあったら、練習試合でもいいので見に行ってみることをおすすめします。

その上で違和感を感じることがあったら顧問の先生に相談してみてくださいね。

世界クラスの選手でもスランプになります!

世界クラスの選手ではないのですが「昨日まで出来ていたことが突然出来なくなって焦る
このようなスランプはうちの娘と息子にもときどきありました。

娘は「昨日まで打てていたスパイクが突然決まらなくなった」と言って落ち込んでいましたが、原因は、肩甲骨付近の関節が硬いことにありました。

むすめ
むすめ

肩回りのストレッチを増やして、正しいフォームで打てるように動画を取って何度も見ながら練習したよ。

息子もジャンプサーブが全く入らなくなったことがありました。

小学生の頃に通っていたクラブチームに行き、監督、コーチにサーブのフォームを見てもらったり、真っ暗になるまでひとり公園で練習していました。

  • 何がダメなのか自己分析する
  • ダメな部分を徹底的に鍛える
ぴよきち
ぴよきち

技術面の成長は山あり谷ありだったので、ずっとこの2つの繰り返しでした。

スランプになって「諦める」ことは簡単なのですが「もう一度頑張る」のは相当な努力が必要です。

それでも相当な努力をした後にスランプを乗り越えたときは、技術的にも精神的にも大きく成長していました。

まとめ

ぴよきち
ぴよきち

子どもがレギュラーから外されたら、美味しいご飯を用意して、あとはそっとしておきましょう。

ところでレギュラーから外されるのは悪いことばかりではありません。

息子はレギュラーから外されて悔しい思いをしたことで、レギュラーになれずに頑張っている部員だちの気持ちが分かるようになりました。

息子は2年生で副キャプテンになりましたが、

自分だけにボールを上げろ!と我がままを言うレギュラーに対して「自分のことばかり考えるな!コートに入れない部員たちの気持ちも考えろ!」と叱っていたこともあります。

息子がもしレギュラーから外されていなかったら天狗になり、他の部員たちの気持ちや苦労が分からなかったと思います。

可愛い我が子がレギュラーになって活躍している姿が見たい。
それは親として当たり前の感情です。

ただ、子どもが成長するためには苦労も必要なんですよね。