レギュラーになれなかったら部活を辞める?

※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

部活のコラム

こんにちは、ぴよきちです!

「レギュラーになれなかったら部活を辞めたい」
「ポジションを変えられたから部活を辞めたい」

そんなことを言う部員は毎年のようにいます。

これはぴよきちの考えですが、部活は上のような理由で嫌になったら辞めてOKです。

なぜ「嫌になったら部活を辞めてOKなのか」その理由について下に詳しくまとめましたので、ぜひ参考に読んでみてくださいね。

ぴよきち
ぴよきち

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

レギュラーになれなかったら部活を辞める?

うちの娘と息子は、小学4年生から高校3年生で引退するまでずっと「部活」のお世話になりました。

ぴよきち
ぴよきち

そんな子どもたちがいるからこそ分かることがあります。

息子は中学生の頃に入っていたバスケ部で一度もレギュラーに選ばれませんでした。

レギュラーになれなかった理由は、息子の性格がぶつかり合ってボールを奪い合う「バスケ」という競技に向いていなかったからです。

息子は何度もぴよきちに「部活を辞めたい」と言いました。

その度に「もう少しだけ頑張ってみたら?」「次の大会ではレギュラーに選ばれるかも!」と言って励まし、半ば無理矢理、部活を続けさせました。

息子は途中から諦めて何も言わなくなり…引退までバスケ部を続けましたが、体験が楽しくて入った部活なのに「バスケ」という競技が大嫌いになりました。

「二度とバスケはやりたくない」
部活を引退して家に帰って来た息子にそう言われ、なぜ最初に相談されたときに辞めさせなかったのかと後悔しました。

ポジションを変えられたから部活を辞める?

娘が中学一年生のときのバレー部の顧問の先生は、身長が低い部員は本人の意見に関係なく全員「リベロ」にしました。

背の高い部員が大好きな先生だったので、背の低い部員がどれだけ頑張って希望のポジションを伝えても絶対に「リベロ」から変えることはありませんでした。

娘が小学4年生からバレーのクラブチームで一緒に練習して来た親友(Aちゃん)は身長が150センチでした。

なので本人はライトが希望でしたが実力を見られることなく「リベロ」にされました。

むすめ
むすめ

部活内にリベロが10人以上いたんだよ…。

むすこ
むすこ

リベロがいない部活もあるのにね…。

Aちゃんはやりたくないポジションにされても部活を辞めることはありませんでした。
部活をサボることは一度もなく、レギュラーになれなくても毎日練習を頑張っていました。

中学二年生のとき、バレー経験者の先生に顧問が変わり、その先生がAちゃんの実力を見抜きました。

Aちゃんは念願だったライトに入り、中学二年生の夏の大会からレギュラーに選ばれました。

実はAちゃんは小学生の頃のクラブチーム時代もやりたくない「セッター」というポジションをやらされていました。

そして中学二年生の途中まで「リベロ」というポジションをやりました。

バレー部で「セッター」「リベロ」そして「ライト」のポジションを経験していた部員はいなかったので、ボールを上げることができる、拾うことができる、そして打つことができる、そんなオールマイティな希少な部員にAちゃんはなりました。

「やりたくないポジションになったから部活を辞める」

嫌々部活を続けていても競技自体が嫌いになるだけということは息子で学習済みですから、そう思うことについて否定する気も止める気もありません。

ただ、Aちゃんのように様々なポジションを経験したからこそ「オールマイティ」に任せられる実力が身に付くこともあります。

仲間が部活を辞めることについて

娘が中学生のときに入っていたバレー部は、一学年で40人の部員がいましたが、3年生で引退する頃には半数の20人に減っていました。

「レギュラーになれなかったら」
「ポジションを変えられたから」

みんなそのような理由で部活が嫌になって辞めました。

ところで部員が部活を辞めることについて、娘と息子は全く気にしていませんでした。

むすこ
むすこ

バレーは団体競技だから突然いなくなると困るけど、ちゃんと前もって辞めることを教えてくれれば何の問題もないよ。

むすめ
むすめ

部活は楽しく続けるのが一番だから、嫌なら辞めればいいんだよ。

娘は高校のバレー部でキャプテン、息子は高校で副キャプテンでしたが、どちらも「去るもの追わず」の部活でした。

ぴよきち
ぴよきち

部活はそうあるべきだと思います。

まとめ

ひとつの部活を長く続けるのは、上達するためにはとても大事なことですが…色んな部活に入って経験するのも良いことだと娘は言っています。

むすめ
むすめ

プロになるわけではないんだから、色んな部活を体験して自分に合うスポーツを見つけるのは有りだと思うよ!

娘は小学4年生から高校3年生までバレーを続けましたが、大学で新しく始めたスポーツが楽しくて夢中になっています。

中学 ⇒ 高校 ⇒ 大学と、部活の選択肢は増えて行きます。

ぴよきち
ぴよきち

中学のときに続かなかったからと諦めず、高校からは心機一転!で新しい部活に挑戦してみてくださいね。