【ネーションズリーグ】今までの全日本男子と全日本女子の順位をまとめました!

※当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

バレーボールのコラム

こんにちは、ぴよきちです!

ネーションズリーグ2024の試合の応援が楽し過ぎて寝不足の毎日です。

全日本女子は決勝戦に進み銀メダルを取り、全日本男子もこれから決勝リーグが始まります。

ぴよきちの娘と息子はバレーボールのクラブチームに入っていて、県内の会場で行われるネーションズリーズ子はどもたちと全て観戦に行っていましたが、男女ともに過去最高の強さだと自信を持って言えます!

さて、この記事では2018年から始まったネーションズリーグの日本の順位をまとめます。

日本のバレーがどのくらい強くなったのか確かめてみてくださいね。

ぴよきち
ぴよきち

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

【ネーションズリーグ女子】2024年までの最終順位

2018年 ⇒ 10位
2019年 ⇒  9位
2020年 ⇒ 中止
2021年 ⇒  4位
2022年 ⇒    7位
2023年 ⇒    7位
2024年 ⇒    2位(ネーションズリーグ全日本女子初メダル!🥈)

2018年(女子)最終順位

1位 🥇 アメリカ ※初優勝
2位 🥈 トルコ
3位 🥉 中国
4位 ブラジル
5位 セルビア
6位 オランダ
7位 イタリア
8位 ロシア
9位 ポーランド
10位 日本
11位 ドイツ
12位 韓国
13位 ベルギー
14位 ドミニカ共和国
15位 タイ
16位 アルゼンチン

 

2019年(女子)最終順位

1位 🥇 アメリカ ※2大会連続2度目の優勝
2位 🥈 ブラジル
3位 🥉 中国
4位 トルコ
5位 ポーランド
6位 イタリア
7位 ベルギー
8位 ドミニカ共和国
9位 日本
10位 ドイツ
11位 オランダ
12位 タイ
13位 セルビア
14位 ロシア
15位 韓国
16位 ブルガリア

2020年(女子)中止

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年大会は中止となりました。

2021年(女子)最終順位

1位 🥇 アメリカ合衆国
2位 🥈 ブラジル
3位 🥉 トルコ
4位 日本
5位 中国
6位 ドミニカ共和国
7位 オランダ
8位 ロシア
9位 ベルギー
10位 ドイツ
11位 ポーランド
12位 イタリア
13位 セルビア
14位 カナダ
15位 韓国
16位 タイ

2022年(女子)最終順位

1位 🥇 イタリア
2位 🥈 ブラジル
3位 🥉 セルビア
4位 トルコ
5位 アメリカ合衆国
6位 中国
7位 日本
8位 タイ
9位 ドミニカ共和国
10位 ドイツ
11位 オランダ
12位 カナダ
13位 ポーランド
14位 ブルガリア
15位 ベルギー
16位 韓国

2023年(女子)最終順位

1位 🥇 トルコ
2位 🥈 中国
3位 🥉 ポーランド
4位 アメリカ合衆国
5位 ブラジル
6位 イタリア
7位 日本
8位 ドイツ
9位 セルビア
10位 カナダ
11位 ドミニカ共和国
12位 オランダ
13位 ブルガリア
14位 タイ
15位 クロアチア
16位 韓国

2024年(女子)最終順位

1位 🥇 イタリア
2位 🥈 日本
3位 🥉 ポーランド
4位 ブラジル
5位 中国
6位 トルコ
7位 アメリカ合衆国
8位 タイ
9位 オランダ
10位 カナダ
11位 ドミニカ共和国
12位 セルビア
13位 ドイツ
14位 フランス
15位 韓国
16位 ブルガリア
ぴよきち
ぴよきち

全日本女子はネーションズリーグ2024年の大会でで初メダルを獲得しました!おめでとうございます!!

【ネーションズリーグ男子】2024年までの最終順位

2018年 ⇒ 12位
2019年 ⇒ 10位
2020年 ⇒ 中止
2021年 ⇒ 11位
2022年 ⇒  5位
2023年 ⇒  3位(ネーションズリーグ男子初メダル)🥉
2024年 ⇒    2位(ネーションズリーグ男子二度目のメダル獲得!)🥈

2018年(男子)最終順位

1位 🥇 ロシア ※初優勝
2位 🥈 フランス
3位 🥉 アメリカ合衆国
4位 ブラジル
5位 ポーランド
6位 セルビア
7位 カナダ
8位 イタリア
9位 ドイツ
10位 イラン
11位 ブルガリア
12位 日本
13位 オーストラリア
14位 アルゼンチン
15位 中国
16位 韓国

2019年(男子)最終順位

1位 🥇 ロシア
2位 🥈 アメリカ合衆国
3位 🥉 ポーランド
4位 ブラジル
5位 イラン
6位 フランス
7位 アルゼンチン
8位 イタリア
9位 カナダ
10位 日本
11位 セルビア
12位 ブルガリア
13位 オーストラリア
14位 ドイツ
15位 ポルトガル
16位 中国

2020年(男子)中止

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年大会は中止となりました。

2021年(男子)最終順位

1位 🥇 ブラジル
2位 🥈 ポーランド
3位 🥉 フランス
4位 スロベニア
5位 ロシア
6位 セルビア
7位 アメリカ合衆国
8位 カナダ
9位 アルゼンチン
10位 イタリア
11位 日本
12位 イラン
13位 ドイツ
14位 オランダ
15位 ブルガリア
16位 オーストラリア

2022年(男子)最終順位

1位 🥇 フランス
2位 🥈 アメリカ合衆国
3位 🥉 ポーランド
4位 イタリア
5位 日本
6位 ブラジル
7位 イラン
8位 オランダ
9位 アルゼンチン
10位 スロベニア
11位 セルビア
12位 ドイツ
13位 中国
14位 ブルガリア
15位 カナダ
16位 オーストラリア

2023年(男子)最終順位

1位 🥇 ポーランド
2位 🥈 アメリカ合衆国
3位 🥉 日本
4位 イタリア
5位 アルゼンチン
6位 ブラジル
7位 スロベニア
8位 フランス
9位 セルビア
10位 オランダ
11位 ドイツ
12位 カナダ
13位 キューバ
14位 イラン
15位 ブルガリア
16位 中国

ネーションズリーグ2023年の第五回男子大会で、日本は初めてのメダルを獲得しました!

むすこ
むすこ

石川祐希選手がベストアウトサイドヒッターで表彰されたんだよ!

2024年(男子)最終順位

全日本男子、銀メダル!おめでとうございます!

1位 🥇 フランス
2位 🥈 日本
3位 🥉 ポーランド
4位 スロベニア
5位 イタリア
6位 カナダ
7位 ブラジル
8位 アルゼンチン
9位 キューバ
10位 セルビア
11位 ドイツ
12位 アメリカ
13位 オランダ
14位 ブルガリア
15位 イラン
16位 トルコ
created by Rinker
¥1,800 (2024/07/25 02:55:19時点 Amazon調べ-詳細)

日本が強くなった理由

 

石川祐希選手がテレビ番組で「日本が強くなった理由」について話していました。

ぴよきち
ぴよきち

一番の理由は「海外リーグに行く選手が増えたこと」だそうです。

  • 日本リーグと違って、海外リーグの選手は身長2m超えが当たり前
  • 自分のミスで会場全体からブーイングを受けることもあり、メンタルが鍛えられる

身長の高さに対する意識が変わり、メンタル面が鍛えられることで日本の選手は強くなっていると言っていました。

むすこ
むすこ

世界の身長の壁は大きいですよね。

created by Rinker
¥1,800 (2024/07/25 02:55:19時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ぴよきちと娘と息子は、ネーションズリーグは2018年 2019年 2023年 2024年の国内大会の観戦に行きました。

2020年はコロナで大会そのものが中止となり、「2021年の京都府で行われる大会には行きたいね」と話していたのですが、この年も感染拡大が治まらず、国内大会は中止になったので行くことができず残念でした。

ぴよきち
ぴよきち

テレビで応援したのですが、観客が誰もいなかったので見ていて寂しい大会でした。

今年(2024年)の大会はどの国も大声援の中行われていて、見ていて本当に楽しかったです。

むすめ
むすめ

公式戦の度に強さを更新してるよね。

ぴよきちの娘と息子は、日本を一番に応援していますが、日本のテレビで放送されない他国の試合を見るのもとても楽しみにしていて、日本の試合が夜7時から開始でも、いつもお昼頃には会場入りしています。

むすこ
むすこ

当日チケットで、その日の全試合観戦することができるんだよ。

※全試合観戦できるかはチケットを買う際にご確認ください。

ネーションズリーグの第一回大会ではまだ中学生だった息子ですが、大学生になり今年(2024年)の福岡大会はバレー部の友達と出かけて行きました。

ぴよきち
ぴよきち

次はオリンピックですね!全力で応援します!

オリンピックはイエローの色鮮やかなシューズです。